サイエンスビューティだけでもオーガニックビューティだけでもないSBCPのコスメ

サイエンスビューティだけでもオーガニックビューティだけでもないSBCPのコスメ

サイエンスビューティ。
これは、SBCPというブランドやSBCPのコスメについて説明する際に用いることがある単語です。
サイエンスとは「科学」、ビューティとは「美」を意味する単語ですから、直訳すると「科学的な美」や「科学的な美容」。
言うなれば、「科学的根拠に基づいた美」といったところでしょうか。
SBCPのサイエンスビューティとはどんな物なのか、どんなメリットを持っているのかという解説をします。


オーガニックビューティと対をなすサイエンスビューティ

もしかしたら、サイエンスビューティではなくオーガニックビューティであれば、わかりやすいのかもしれません。
日本でもオーガニックコスメは増えつつありますし、海外ではオーガニックコスメブランドがあたりまえのように存在していてそういった物をネット通販するのはめずらしい話ではないからです。
それに、オーガニックな食べ物は健康に良いですとか、オーガニックな衣類は肌に優しいといった認識も広まっています。

では、なぜ、SBCPはオーガニックビューティと真逆と言ってもいいサイエンスビューティなのか?

真逆と言えば真逆です。
ですが、真逆というよりも、“対”のイメージでいます。
オーガニックビューティと真逆に位置するサイエンスビューティ、ではなく、オーガニックビューティと対をなすサイエンスビューティを取り入れている。
SBCPはそういうコスメブランドなのです。

もっと言うと、サイエンスビューティだけに重きを置いているわけではありません。
そもそも、SBCP誕生の地であるニューヨークのブルックリン地区は、オーガニックやエコにこだわることで知られるBobo(ブルジョア・ボヘミアン)の街です。
そういう街で誕生したSBCPが、オーガニックビューティを無視したサイエンスビューティオンリーであるわけがありません。

つまり、SBCPはオーガニックビューティでありつつ、サイエンスビューティを取り入れているコスメブランドだということです。


オーガニックビューティとサイエンスビューティの良いところを掛け合わせる

オーガニックやエコにこだわるBoboの街・ブルックリンで誕生しておいてオーガニックオンリーではなくサイエンスビューティを取り入れている、というのは、一見、矛盾しているように思えます。
が、矛盾しているわけではないのです。
SBCPは、オーガニックオンリーでもサイエンスオンリーでもない、オーガニック×サイエンスビューティ。
すなわち、オーガニックとサイエンスを両立させているコスメを作っています。

なぜなら、オーガニックにはオーガニックの良いところ、サイエンスにはサイエンスの良いところがあるからです。

オーガニックには、安全というメリットがあります。
肌に触れる物は言うまでもなく安全であるべきです。
では、安全さにこだわるのであればオーガニックを徹底するべきなのでしょうか?

化粧品というジャンルにおいてオーガニックであることはメリットしかないわけではありません。
オーガニックな成分が多ければ多いほど、即効性が薄れたり保存が難しくなったりします。
そこを補うのがサイエンスです。

SBCPコスメの小顔効果のひとつ、キレート作用。
キレート作用をもたらすフムフエキスに含まれるフルボ酸は天然由来成分なので、サイエンスというよりもオーガニック寄りだと言えます。
しかし、キレート作用という作用はサイエンス寄りです。
そういう作用がどういう効果を持っていてどういう物によって起きるのかを紐解いたのは科学だからです。

オーガニックであることにこだわるあまりキレート作用というサイエンスな物を認めようとしなかったら?
キレート作用という素晴らしい作用を持つコスメは誕生していなかったと言っても、なんら大袈裟ではありません。


オーガニックビューティでは不足してしまう点をサイエンスビューティが補う

オーガニックの弱点をサイエンスで補うなど、オーガニックとサイエンスを両立させているのが、オーガニック×サイエンスビューティです。
が、しかし、即効性が高くなくても使用期限が短くても、そういう物だと割り切って使えなくはありません。
となると、オーガニックビューティだけで十分だという意見も出てくる可能性があります。

例えば、防腐剤。
化粧品に配合される防腐剤の大多数は化学的に合成した物質で、それだけを見ると、肌に優しいとは言い難い物質です。
ですが、防腐剤を配合することで化粧品が腐ることを防いでいます。
防腐剤自体が肌に優しいとは言い難くとも、腐ってしまった化粧品だって肌に優しいわけがありません。
一定期間使い続けることになる化粧品を、使い切るまで安全に保つには、時として防腐剤のような物も使う必要があります。

オーガニックとサイエンスにも同じことが言えます。
肌に優しいけれど効果を実感するまでにものすごく時間がかかる。
それでは使い続けることがストレスになってしまいます。

肌に優しいけれど、泡立ちの悪いシャンプー。
肌に優しいけれど、何が良いのかいまいちよくわからない化粧水。
肌に優しいけれど、髪の毛がツルツルにならないヘアマスク。
……どれも、ストレスですよね?
ストレスを感じる上に、確かに肌には優しいのでしょうが、肌や髪を美しくしてくれる物だと実感しにくいです。

ゆえに、オーガニックビューティではなくオーガニック×サイエンスビューティなコスメをSBCPは作りました。


まとめ
オーガニックとサイエンスを両立したオーガニック×サイエンスビューティ

オーガニックビューティだけでは不十分で、オーガニックに不足している物をサイエンスが補えるなら、サイエンスビューティだけで十分?
いえ、やはり、オーガニックビューティだけで不十分なのと同様にサイエンスビューティだけでも不十分です。
仮に、サイエンスビューティだけで十分だとSBCPが考えているならば、10種類以上の植物性成分を配合なんてしていません。
天然由来成分が叶えるオーガニックビューティ。
科学的根拠にもとづいたサイエンスビューティ。
SBCPは今までもこれからも、オーガニックとサイエンスを両立したオーガニック×サイエンスビューティなコスメを提供していきます。



「SBCP 生ミネラルミスト+」他、SBCPの商品は以下の公式オンラインショップからご購入・ご予約いただけます。
姉妹ブランド・PUT ON MAGICの商品も同じくご購入いただけます。
SBCP公式オンラインショップ